健康ホットライン24

セカンドオピニオンサービスの注意事項

がんなどの重い病気と診断されたとき、医学会の各専門分野を代表する医大の教授、名誉教授クラスの先生方から、現在の診断に対する見解や今後の治療方針・方法などについて意見をもらうことができます。
ご利用いただける条件等について、下記「セカンドオピニオンサービスの注意事項」をご覧ください。
■相談の事例
・高度な医療が必要との告知を受けましたが、今後どうしたらよいのかわかりません。
・症状の改善がみられずに不安、このまま治療を続けていいのか?
・とりあえず様子を見ましょうとの事ですが、現在のままで大丈夫か?
他の治療法がないのか? その専門分野の医師に相談したいのですが。
・医師に手術と言われたが、他の治療法はないの?
・現在診てもらっている先生からは治療法がないと言われましたが、このまま放置していて大丈夫なのか不安です。
■利用対象者
・組合員とその配偶者及び被扶養者
・任意継続組合員とその配偶者、及び任意継続組合員被扶養者
(共済組合の資格を喪失したあとはご利用できません。)
ご利用いただける条件等について、下記「セカンドオピニオンサービスの注意事項」をご覧ください。
セカンドオピニオンサービスの注意事項
病名等が判明している場合に限り、ご利用いただけます。ただし、すでに終了している治療についてのご相談はお受けできません
入院・転院を目的としたご利用はできません。
日常的に見られる病症状で、治療にあたり専門性を必要としない傷病のご相談や、心療内科・精神科・美容外科・歯科及び口腔外科などは対象外です。

セカンドオピニオンサービス受付時間

閉じる